伊豆半島最南端である南伊豆で、サーフィン体験、インディージョーンズ体験、ツリークライミング体験、ガチンコ林業体験、磯観察&シュノーケリング体験、クワガタ・カブトムシ捕り&ブルーベリー狩り体験、小学生のサマーキャンプなどを展開しています。自然体験のことなら、エコサーファーまでお問い合わせください。

サーフィンをはじめて6年目の24歳の時(2001年)に、海辺の環境問題を解決するために、任意団体エコサーファーを立ち上げました。ビーチクリーンをキッカケにスタートした環境活動の中で見えてきた答えは「環境教育」であり、『子供も大人も、海・川・山の大自然の中で思いっ切り遊ぶことが大切である』という結論に達しました。そうすれば、自然の変化に気が付き、「環境」というキーワードがそっと後から付いてくると信じています。エコサーファーでは、自然の素晴らしさを伝えるため、海・川・山のエコツアー(自然体験)を南伊豆で展開しております。

事務所 〒415-0152 静岡県賀茂郡南伊豆町湊1616-11 【TEL】070-5371-4006

新着記事一覧

イングリッシュ&サバイバルキャンプ3泊4日のレポート!

2017年5月3日~6日にイングリッシュ&サバイバルキャンプ3泊4日を実施しました!天気は4日間全て、ビックリするほどの晴天で、本当に天気には恵まれました。参加したのは、埼玉県、長野県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県の11名の小学2年生~中学2年生。

2年生の長男もサバイバルキャンプ3泊4日に初挑戦!

まさか、こんなに早く長男と一緒に冒険くらぶのキャンプが実現するとは!時が経つのは、本当にあっという間ですね。ついこの間まで、可愛い赤ちゃんだったのに。

8つのマスター称号!

毎年、エコサーファー冒険くらぶは進化しています。今年は、8つのマスター称号制度をスタートします!サバイバルキャンプ、サーフィンキャンプ、サマーキャンプの3つのキャンプに参加することでマスター称号をもらえる資格が与えられ、その中からマスターに相応しいキッズにそれぞれの称号が与えられるというものです。大人(おとな)でも中々取得することができない、ハイレベルな設定となっています。

サバイバルキャンプ3泊4日の準備(その2)。

サバイバルの基本。

全てその場にあるもので作ること!・・・ということで、サバイバルキャンプの「準備その2」は、ここ南伊豆町でパパ友として日ごろからとても仲良くさせて頂いている釣りの達人Fさんのご指導の下、ムラソイ釣りに挑戦してきました!

サバイバルキャンプの準備。

もう1週間もすれば、サバイバルキャンプ3泊4日(5月3日~6日)の本番です。今日は、その本番に備え、誰よりも南伊豆町で竹のことを熟知している哲農君(てつのう君)と共に、竹製の筏作りを行いました。

2017年度の全キャンプは特に絶好調です!

3月1日から予約が始まりました2017年度のエコサーファー冒険くらぶの全キャンプですが、既に多くのご予約をいただいております。今年は例年以上に僕も広報を頑張ったこともあり、予約のペースがとても早いです。

エコサーファー冒険くらぶの2017年度の会員募集のスタート!

冬の間は、せっせとホームページを更新したり、チラシを作成したり・・・。そんな時間も大好きなキャプテンです。夜な夜な刷りあがったチラシを一つ一つ愛情込めて、奥さんと一緒に内職作業。

鹿児島県最南端で自然体験!

「ネイチャーガイドをしている以上、できるだけ多くの場所へ足を運び、たくさんの自然体験をしたい」と常々思っています。今回、僕が事務局長を務めていますビーチマネーの活動の一環で、鹿児島県最南端の島であります与論島へ行くチャンスに恵まれました。

東海大学の南伊豆エコツアー本番!

2016年10月9日(日)、10日(月・祝)の1泊2日で東海大学海洋学部環境社会学科の学生6名が「海の環境教育実習」という授業の集大成として、彼らが企画した南伊豆エコツアーに付属小学校26名(東海大学付属静岡翔洋小学校1~6年生)をお客様として、ガイドを務めました。

サバイバルキャンプ2泊3日!

9月17日(土曜日)~19日(月曜日・祝日)までの2泊3日で、小学生7名(小学3~6年生)のサバイバルキャンプを実施しました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ